神奈川県総合リハビリテーションセンター

文字サイズ

診療技術部門

薬剤科

調剤(注射調剤を含む)業務

重複投与を避け薬物療法が効果的かつ安全に行われるように、医師の処方に基づき、薬学的見地から、内用・用量・用法・相互作用(飲み合わせ)等、処方監査後調剤し、患者さまごとの薬歴管理に取り組んでいます。また病院の特性から、処方薬の「粉末化」、「一回量分包」が多く見られ、患者さまの要望にもお答えして調剤をしています。

製剤業務

市販されていない内服薬、外用薬、注射薬などの調製を行っています。

薬剤管理指導業務

各病棟(対応する科別ごと)に適した情報提供が出来るよう、入院患者さまへのベッドサイドに出向き、薬の効果・使用方法・副作用などについて説明させていただき、薬に関する質疑にも対応しています。そのなかでも、変形性股関節症クリニカルパスや高次脳機能障害クリニカルパス、TDM(薬物治療モニタリング)業務などを通し、チーム医療に携わる一員として効果的な薬物治療に参加しています。

医薬品情報管理業務

医薬品情報管理業務

医薬品の情報を正しく理解し収集・整理することで、薬に関する質疑に対応できるように努め、より質の高い薬物治療が実施されるようサポートしています。

医薬品管理業務
医薬品の購入から供給まで管理し、適正な在庫数量の確保に努めています。

その他の業務
病院内においても薬に関する過誤や事故の防止に取り組み、リスクマネージャーとしての役割も担っています。

Page Top