神奈川県総合リハビリテーションセンター

文字サイズ

診療科のご紹介

整形外科第一

対象疾患

私どもは主に関節外科を中心に診療をおこなっています。特に股関節疾患に対する治療では小児から成人に至るまで幅広く対応しており、股関節外科の分野では本邦屈指の手術件数を誇り、その手術術式も多岐にわたっています。
変形性股関節症・膝関節症について詳しい内容はこちらをご覧ください。

股関節疾患

外来には、変形性股関節症、大腿骨頭壊死症、関節唇損傷など様々な股関節の病気をお持ちの患者さまがお見えになっています。私どもは寛骨臼回転骨切り術(RAO)、人工股関節手術(THA)を中心として手術を行っていますが、患者さまにとってできるだけ負担が少ない治療法を選択するようにしています。その一つが、股関節への関節鏡手術です。股関節鏡手術は、最近マスコミでよく取り上げられる内視鏡手術の一つで、約1cmの切開を2~3箇所加えて、医師がテレビを見ながら手術を行うもので、股関節周囲の筋肉への影響のきわめて少ない手術です。

膝関節疾患

最近では高齢化に伴い変形性膝関節症に対する人工膝関節置換術(TKA)が急増しております。TKAは患者さまの膝関節の痛みを取り、歩き方を改善できる優れた手術です。また、股関節同様、病状が比較的軽いものの疼痛が著しい患者さまには、関節鏡手術あるいは単顆置換型の人工膝関節手術(UKA)を行ってより少ない侵襲で患者さまの機能回復を図っています。

肩関節疾患

肩関節の痛みを経験された方は多いかと思います。単なる使いすぎによるものが多いのも事実ですが、中には「疾患」が隠れている場合があります。その代表的な疾患が腱板断裂です。状況によっては、手術が必要な場合もあります。当院では手術が必要な腱板断裂に対して、関節鏡手術で対応しています。腱板断裂を長年放置すると断裂を生じた筋肉が萎縮し、手術が困難になります。そのため肩の痛みは早期に鑑別しなければなりません。最初はちょっとした痛みだけであっても、放っておくと痛みが長引き、安静にしていてもズキズキとした痛みに悩まされたり、夜中に痛みで目を覚ますようになってしまったり、ということもありますので、痛みが続くようなら受診をお勧めいたします。

外来

月曜から金曜まで毎日。予約制です。
初診の方は予約センター(Tel:046-249-2489)にお電話下さい。

入院治療

入院は、基本的には手術治療を目的としていますが、手術によらない保存的治療にも対応しています。また、他の医療機関での手術療法後にリハビリテーションが進みにくい場合にも対応しておりますので、現在の主治医とご相談の上、資料を持参され、外来を受診して下さい。
(外来受診が困難であれば、現在の主治医から直接入院の申し込みもできます。)

スタッフ

  • 杉山肇医師の写真
  • 病院長
    杉山 肇(すぎやま はじめ)
    専門医資格
    日本整形外科学会専門医
    日本整形学会認定リウマチ医
    ICD(感染制御医)
    所属学会
    日本整形外科学会(代議員)
    日本股関節学会 理事
    日本骨・関節・感染症学会 幹事
    日本人工関節学会 評議員
    日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
    (JOSKAS) 評議員
    日本小児整形外科学会 評議員 他
    厚生労働省薬事・食品衛生審議会
    医療機器・再生医療等製品安全対策部会委員
    再生医療等製品・生物由来技術部会委員

  • 部長
    戸野塚 久紘(とのつか ひさひろ)
    専門医資格
    日本整形外科学会専門医
    日本整形外科学会認定
    運動器リハビリテーション医
    身体障害者福祉法15条
    指定医(肢体)
    所属学会
    日本整形外科学会
    日本肩関節学会
    日本整形外科スポーツ医学会
  • 勝又 壮一医師の写真
  • 医師
    勝又 壮一(かつまた そういち)
    専門医資格
    日本整形外科学会専門医
    所属学会
    日本整形外科学会
    東日本整形災害外科学会
    関東整形災害外科学会
    神奈川整形災害外科学会
    日本股関節学会
    日本人工関節学会
    日本小児股関節研究会
    日本リウマチ学会
  • 医師
    天神 彩乃(あまがみ あやの)
    所属学会
    日本整形外科学会
Page Top