神奈川県総合リハビリテーションセンター

文字サイズ

診療科のご紹介

眼科

眼科リハビリテーションについて

当科は「リハ施設にある眼科」というよりむしろ「眼科のリハを行なう診療科」です。
眼科のリハとは何でしょうか。
今や当たり前となった肢体不自由へのリハと同じことです。足が動かなくなった方に、機能評価を行い、機能訓練、補助具選定を行ない、社会資源の活用などの情報提供を行ない、さらにはメンタルにもサポートしていく。これと同様に、目が見えにくくなった方に、残っている視機能(保有視覚)の評価を行い、機能訓練、補助具選定を行ない、社会資源の活用などの情報提供を行なって、さらにはメンタルにもサポートしていく。これが眼科のリハです。

当院眼科について

当科ではロービジョン外来という特殊外来を行っています。
ロービジョンとは、視覚に何らかの障がいを有し、患者さんが日常生活で不自由をきたしている状態を指します。
まったく光も見えなくなった状態は、厳密にはこれに含めませんが、こういう状態をも含めて、そのような患者さんの医療的よりどころは眼科以外には存在しないのです。ところがそれに反して一般の眼科では、いわゆる治療ができない病態については、診療対象としなくなっていました。そこで、治らない、あるいは極めて治りにくい眼科疾患にかかってしまった患者さんを別の角度からサポートをすることが必要になったのです。これがロービジョン外来です。もし、身近に視力低下で困っている人がいらっしゃいましたら、是非当科へ足を運ぶようお勧め下さい。

当院では、医療の提供だけではなく、福祉部門の七沢自立支援ホームの視覚障害支援員の協力の下に見えない方、見えにくい方にいわゆる眼科治療とは異なる、訓練・補助具を用いた機能改善を目的としたリハビリテーションを行なっています。
また、神奈川県内での眼科リハの充実を図るため、県内の大学病院と眼科医会を含む関係者のネットワーク「神奈川ロービジョンネットワーク」(参照、http://klvn-hp.sakura.ne.jp)をつくり、七沢自立支援ホーム職員と協力してこの事務局を運営しています。

スタッフ

  • 部長
    久米川 浩一(くめかわ こういち)
Page Top