神奈川県総合リハビリテーションセンター

文字サイズ

当院のご案内

病院の概要と役割

共に生きる

1973年、県立施設として、全国に先駆けて神奈川県総合リハビリテ-ションセンタ-が開設され、以来、私たちの病院は、県民のリハビリテ-ション医療を担う中核的医療機関の一つとして県民の福祉と医療に取りくんできました。
開設から半世紀近くを経た今、障がいを持つ人々に対する医療と福祉は充実し、私たちが願っていたように、地域でのリハビリテ-ション・サ-ビス体制も少しずつ整備されてきました。
かつては、重度障がいのために短命と考えられていた脊髄損傷や脳血管障害後遺症の人々も、今では社会を支える重要な一員となっています。また、かつては在宅生活が不可能と考えられていた重い病気や障がいを持つ人々も、自宅で医療と福祉のサ-ビスを受けながら、地域の中で生きてゆくことが可能になりました。
しかし、医療の進歩にもかかわらず、重度の障がいを持つ人々、高齢でかつ障がいを持つ人々、あるいは障がいに伴うさまざまな合併症に苦しむ人々が増加し、新たな社会問題となっています
そこで神奈川リハビリテ-ション病院は、「共に生きる」理念に基づき、県民の新たなニ-ズに応えるために、以下の役割を果たしていく考えです。

神奈川リハビリテーション病院の役割

  1. 1 包括的医療
    専門スタッフのチ-ムワ-クで、安心できる医療を提供します
    1. (1) 障がい発生の予防
      外傷及び疾病に、可及的速やかに対応し障がいを予防します
    2. (2) 障がい合併症の治療
      複雑化する合併症を診断し治療します
  2. 2 リハビリテ-ション
    多職種によるプログラムで、障がい者とその家族を支援します
    1. (1) 高度リハビリテ-ション
      重度・重複障がい者のニ-ズに多職種が高度リハ技術を持って対応します
    2. (2) ライフステ-ジ
      障がい者の学齢期、稼働期、高齢期など、ライフステ-ジに応じた多様なニ-ズに対応します
  3. 3 ネットワ-ク
    他機関及び地域と連携し、高度専門リハ病院の機能を発揮します
    1. (1) 他機関との連携
      他機関との連携により、効果的なサ-ビスを実現します
    2. (2) 地域との連携
      介護指導、短期訓練入院、災害時の後方支援など地域ニ-ズに対応します

神奈川リハビリテーション病院では、次のようなことを行っています。

  1. 1 脊髄損傷(四肢麻痺・下肢麻痺)など重度の障がいを持つ方々に対し、二つの脊髄損傷専門病棟を配備し治療にあたっています。
  2. 2 脳外傷による高次脳機能障害に対し評価とリハビリテ-ションを行っています。
  3. 3 変形性股・膝関節症、慢性関節リウマチや先天性股関節脱臼など小児から成人に至る骨・関節疾患の手術とリハビリテ-ションを行っています。
  4. 4 脊髄小脳変性症・パ-キンソン病などの神経難病や二分脊椎・脳性麻痺・精神運動発達遅滞などの小児神経疾患のリハビリテ-ションを行っています。
  5. 5 合併障がいとしての排尿障害・視聴覚障害・言語障害などのリハビリテーション医療も行っています。
  6.  リハビリテ-ション工学技術を駆使した福祉医療機器、義肢、補装具、電動車椅子などの研究開発作製を行っています。

組織図(令和元年度)

組織図

Page Top