神奈川県総合リハビリテーションセンター

文字サイズ

診療科のご紹介

外科

対象疾患

リハビリテーションの外科ですので障がい者が多いのですが、もちろん一般の患者さんも診察・治療致します.
当科の主な対象疾患は、一般的な胃腸の疾患(胃潰瘍、胃癌、腸の炎症、大腸ポリープ、大腸癌、虫垂炎)や胆石症などがあります。
鼡径ヘルニアではメッシュを用いた手術後の疼痛が少ない方法で手術しています。
嚥下困難の方には内視鏡的に胃瘻造設を施行しています。
人工肛門の管理指導も行っています。

外来

月曜と金曜の午前中が外来日です。

内視鏡検査

外来にて予約をして頂き、毎週水曜日が検査日です。
食道・胃十二指腸の検査と大腸の検査をしています。

スタッフ

  • 三浦英一朗医師の写真
  • 部長
    三浦 英一朗(みうら えいいちろう)
    専門医資格
    日本外科学会指導医
    日本外科学会専門医
    日本消化器外科学会認定医
    日本医師会認定産業医
    日本大腸肛門病学会専門医
    日本大腸肛門病学会指導医
    日本消化器内視鏡学会専門医
    日本褥瘡学会認定師
    専門領域
    外科一般
    大腸・肛門疾患
    乳腺疾患
    甲状腺・頸部疾患
    一般外科のほか、消化器外科として胃や大腸の検査(X線検査、内視鏡検査など)を障がい者だけでなくそのご家族にも施行します。疾病があれば手術にも応じます。排泄障害やストーマ(人工肛門)のケアにも対応します。
    学会評議員その他
    平成14年2月
    日本ストーマリハビリテーション学会評議員
    平成14年2月
    日本ストーマリハビリテーション学会評議員
    平成14年10月
    日本褥瘡学会評議員
    平成16年7月
    ストーマリハビリテーション講習会実行委員
    平成16年9月
    東京ストーマリハビリテーション研究会幹事
Page Top